便秘でうんこが出ない日が続くのは肌荒れのもと

便秘になってしまうと多くの不調が体に現れるものですが、特に女性の悩みになりがちなのは、便秘による肌荒れではないでしょうか。

お通じがスムーズでないということは体には不要な老廃物を体の中にため込んでしまうということになりますので、腸内の環境は非常に悪くなってしまいます。

とくに便秘が慢性化してしまうと常に腸内にうんこが滞留していることになりうんこの腐敗や発酵が進んでいきます。

それにより腸内の環境を整える働きをする重要な善玉菌が少なくなってしまい、腸内で暗躍する悪玉菌が増殖してしまいます。

人の体は自浄作用がありますので、有害物資を排出しようとしますが、便秘により排便という形で排出できないと、今度は血液に乗って全身を巡り毛穴などから有害物質を排出しようとします。

便秘による肌荒れのメカニズムはこのようなことから起こっており肌荒れを治すためにはまず根本の原因となっている「便秘」を治さないとがんこな肌荒れをキレイにすることはできません。

また便秘による肌荒れが長引くと肌の奥までダメージを負ってしまうことがあり、症状を改善されても肌ダメージをひきずってしまうことがあるので、便秘だと感じたら早めの対策を取ることが美容面でも必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です