朝のフルーツと便秘のあれこれ

特に若い世代の人には朝食を抜く人が多いのではないでしょうか。

眠さが優先されてしまい、自宅を出るぎりぎりの時間まで寝ていて、そもそも朝食を食べる時間がないという人もいれば、朝から食欲がわかないという人もいるでしょう。

しかし規則正しい生活習慣というのは、毎日3食しっかり摂ることが柱となっていますので、それができないような生活では便秘などの問題が起こることも少なくありません。

腸の運動は腸を使うことにより働くという部分もありますので、朝からしっかり必要な栄養成分を取るために朝食をとるということは便秘の予防や解消にも役立つのだといいます。

もし朝食で重いものが食べられないとうのであれば朝フルーツを食べるというのも対策としてはおすすめなのだそうです。

フルーツは案外糖分が多いので夜は控えた方がよいと言われています。

そのために朝のフルーツ、となるのですが、フルーツには食物繊維が多いものや消化を助ける酵素が多いものなどがあります。

また水分も適度に摂取することができますし、血糖値をあげやすいフルーツもあるため朝から活動的に動くことができます。

さらにヨーグルトなど腸内環境を整える加工食品なども一緒にとりやすいのでさらに便秘にも効果的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です