便秘には食物繊維が効果的

一般的に便秘の対策といったら、もっとも知られているのは食物繊維をしっかり摂取するということではないでしょうか。

食物繊維を実際にたっぷりとると便意を催すことは便秘でない人でも経験則的に知っていることかもしれません。

そのため便秘解消のために積極的に食物繊維が豊富な食材を料理につかったりする人もいますが、そもそも食物繊維はなぜ便秘によいとされているのでしょうか。

また具体的に食物繊維はどのようなアプローチで便秘を改善することができるのでしょうか。

食物繊維は実は直接的に腸の働きを促すことができる食物繊維があるのだそうです。

一口に食物繊維が便秘に良いと言われますが、食物繊維には2タイプのものがありそれぞれ便通を促すプロセスは異なるのだそうです。

まず食物繊維のタイプですが水に溶ける水溶性食物繊維と、水に溶けることがない不溶性食物繊維の2タイプが存在します。

このうち不溶性食物繊維は腸に送られた時に水分を含み膨らみ腸壁を刺激するという働きがあります。

この刺激により腸の働きは活発になることで症状が改善されると言われています。

それでは水溶性食物繊維は便秘に役立たないのかというとそうではなく、水溶性食物繊維は水分にとけゲル状になり老廃物などを取り込みうんことなります。

このように便秘を改善するための食物繊維の働きは2タイプによって異なりそれぞれバランスよく体に必要なのだそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です