漢方は便秘にも役立つ

西洋医学において処方される薬の多くは、その病気や症状に対する処方となります。

例えば「便秘」であるという診断があれが「便秘」の症状そのものに対して薬を処方するというもので、便秘でうんこが出ないという状態を改善するために、うんこがでる薬を処方します。

便秘で強い腹痛があったり、便秘によるお腹の張りがもう我慢できない!という時にはうんこを排出する速攻効果が望めますので、すっきりすることができます。

対して漢方薬を使う東洋医学でも「便秘」に対策する漢方を調剤してもらうことができるのだそうです。

しかしそれは西洋医学のそれとは異なり、なぜ便秘になっているのか、という原因に対処するための漢方になります。

そのため一概に便秘にきく漢方薬はコレ!という1つのものではなく原因と思われる原因に対処するための処方になるのだそうです。

便秘の症状を改善する薬と原因にアプローチする漢方薬では同じようで異なるものとなっています。

どちらも使いどころがありますが、根本的解消を望んでいるのであれば漢方薬を頼ってみるのも便秘解消の1つの手であるでしょう。

原因を解消するための漢方として代表的なものは5つのタイプにより調剤が変わるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です