野菜の定期的な摂取は便秘予防・解消にも重要

食べ物は直接的に体を作るためのものです。

体を動かすのに必要な栄養素や体そのものを作る栄養素、そして体を整えるための栄養素などが様々な食べ物に含まれています。

「○○には××がよい」というように何かの病気や悩みに対して「効く」とされている食べ物はいろいろあります。

そして例えば便秘には野菜がよいと言われており、実際に糞詰まりに悩まされている人の多くは野菜を沢山とって対策をしている、というような人も多いのだそうです。

なぜ野菜が便秘によいのかというと、それは多くの場合野菜には食物繊維が豊富に含まれているということが理由となっています。

食物繊維は不溶性食物繊維なら直接的に腸壁を刺激し、便意を催させますし水溶性食物繊維ならばうんこに溶けて排出させやすくしてくれますので、便秘には確かに効果的です。

野菜の多くは食物繊維を含んでいるのですが特に便秘によいとされている野菜には、根菜類である牛蒡やさつま芋など、そしてアボガドや芽キャベツ、ブロッコリー、今の季節が旬であるとうもろこしなどが知られています。

これらの野菜は対策としても安く購入することができますし、女性には嬉しいビタミン類も豊富となっていますので一石二鳥的に摂取するのもよいのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です