便秘対策は生活の見直しから

対策に下剤や便秘薬を使っているという人でも、便秘となっているそのものを改善していかないことには、根本的に症状を改善することはできないでしょう。

また下剤や便秘薬を使って便通を促すことがデフォルトのようになってしまってはより自然に便意を催したり、自分の力で排便することがもっと困難になってしまい便秘がすすむこともあります。

そうならないためにまず原因を根本的に改善するということは非常に大切なのですが、そのためにはまず自分の生活習慣の見直しから始めるべきなのだといいます。

体質的に便秘になりやすい、という人ももちろんいますが、体が健康である人の場合便秘になりやすい生活習慣の乱れがある場合も多いのだと言います。

例えば毎日食事をとるのが不規則になっているという人や食事の内容がお粗末である、という生活習慣の乱れはそのまま原因になると考えられるでしょう。

食事をとるタイミングや回数が毎日違っていては、体のリズムも狂いがちになってしまいます。

そうなれば腸が働きも調子を崩してしまいますので、便通が悪くなることがあるのだそうです。

その他にも就寝や起床の時間もバラバラであったり、便意を我慢することが多かったりするのも便通が悪くなることがありますので、まずは自分の生活を見直ししてみて原因になっているようなことを突き止めてみることが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です