便秘は女性に多いもの?

男女ともに便秘である人は実は多くいるのですが、若い時には女性の方が男性よりも圧倒的に便秘人口は多いのではないでしょうか。

とある調査によると年齢があがるにつれて便秘人口の男女比の差がなくなり60歳前後では男女とも同じような割合で糞詰まりに悩まされる人がいる、という調査結果が出ているのだそうです。

このようなことから紐とくと、やはり若い世代の便秘は女性に多いということがわかるのですが、それではなぜ糞詰まりに悩まされる人は女性が多いのでしょうか。

その理由として考えられるのは、まず女性の体形が便秘になりやすい状況を作るから、ということが1つとして挙げられています。

女性の場合、男性と比較すると骨盤が広くなっています。

例えば全体的に小さい女性でも男性の標準サイズのズボンをはくことが出来ない、という人はザラにいますが、これは女性が太っているからという訳ではなく体型の違いによるものです。

特にお尻が大きい女性は日本人女性に多く見られますが、その分骨盤が広く、そして骨盤が広いことにより骨盤内に長い腸がたるみやすいということが女性にはあるのだといいます。

腸の全長は非常に長いのですがその腸がまとまって骨盤内にたるんでしまうと、うんこが腸内に滞留しやすくなってしまいます。

それにより女性は便秘になりやすいのではないか、と考えられているようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です