便秘対策は逆効果になることも

巷でいわれる便秘解消のための対策というのは、たしかに便秘解消効果は高いのですが、それでも場合によっては便秘解消どころか、もっと症状を悪化させてしまうということも可能性的にはあるのだそうです。

糞詰まりに悩まさ瀬れている人は、常にお腹が張った苦しい状態でいるため、便秘によいといわれることを手当り次第に試してみたくなってしまうようですが、それが反対に頑固な便秘にさせてしまったり、反対に下痢などに陥る原因になることがあるため、まず便秘だと思ったら自分の原因について考えてみることが大切です。

例えば考えた結果、ストレスによる便秘などであると気づいた時には、便秘のための食物繊維の積極的な摂取や、便秘の症状を解消するための便秘薬の服用などは逆効果になることがあるので控えた方がよいでしょう。

まずはストレスの解消を図るのが一番先にやるべきことですので、ストレス環境を改善する、というあまり便秘に関係ない、と感じるようなところから対策をスタートさせるべきであるようです。

また同時に腸内環境の改善を考えることも大切です。

ストレスにより便秘になってしまっている場合、腸内の善玉菌が減少し悪玉菌が大活躍している可能性がありますので、まず腸内の善玉菌を増やすようにオリゴ糖やビフィズス菌が含まれる食品などをしっかり摂っていくということで改善を考えてみるとストレス性の便秘解消に役立つかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です