具体的な便秘の状態

一概に便秘といってもその人個人が感じている便秘の状態には様々な状態があるのだそうです。

便秘の状況には個人差がありますが、明確な便秘の定義というのはなく、言うなれば順調に排便が行われないという状態を便秘というのだそうです。

例えば1週間も排便が行われていなければ、当然便秘という訳ですが、「何日以上でないと便秘」というような明確な日数の取決めはありません。

印象としては排便は毎日あるもので、毎日うんこが出ないと便秘という、と考えている人がおおいのかもしれませんね。

しかし実は毎日排便があるのにも関わらず、便秘であると訴えて内科や肛門科などに受診する人もいるようです。

実はそれも必ずしも誤りではなく、毎日うんこが出ていたとしてもうんこが固く排出が困難であったり、うんこは毎日出るものの、まだ残便感や便秘による腹部の張りを感じる、というようなケースも便秘と考えられています。

排便回数などには個人差によるところも大きいので通常は1日2~3回の排便があるのが健康的と言われていますが、その回数便通がある場合でも便秘に当てはまるケースはあるようです。

このように便秘には明確に定義されている条件はなく、それも個人差によるところと症状で判断されているようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です