990円で買える!うんこを出す効果が認められた成分配合サプリ

ビフィリゴ10000

価格
990円(初回限定)
基本情報
このビフィリゴ10000というサプリメントには、ビフィズス菌BB536という菌が含まれています。

このBB536菌は、うんこを出す効果を認められた成分で、根拠となる試験データも存在します。

ビフィリゴ10000には1日分あたり20億個ものBB536菌が含まれており、試験に参加した被験者が1日摂取していたBB536菌の数と同じです。

きちんと結果が出た試験と同じ量のビフィズス菌BB536を1カ月分990円で摂取することができ、1日あたりに直すと33円です。

1日33円でうんこを出す効果が得られるのであればヨーグルトよりも低コストですし、低カロリー(1日あたり2.02kcal)なので、ヨーグルトよりもこちらを選ぶ方も多いです。

さらに、ビフィリゴ10000には、イソマルトオリゴ糖120mg、乳酸菌EC-12が1兆個と非常に豊富に含まれています。どちらも腸内環境にとっては欠かせないものです。

990円で購入できるのは、毎月先着500名までのようなので、それを逃すと損してしまいます(定価でも買う価値はあると思いますが)。

ヨーグルトと比べ物にならないくらいの栄養成分とコストパフォーマンスで、先着500名ですので、スグに定員に達してしまうかもしれません。

続けるかどうかは後で考えるとして、とりあえず一袋は手に入れておくことをお勧めします。

2017年12月12日現在
 990円で購入可能です
 ※リアルタイム更新中

その他のビフィズス菌BB536入りサプリメント

ビフィーナS
価格
初回限定2980円
基本情報
ビフィーナSに含まれるビフィズス菌の数は50億個と多く、さらにそのうち生きたまま腸まで届くのは約90%と言われています。

どれだけ多くのビフィズス菌を摂取しても、その大半が胃酸で死んでしまっては意味がありません。

ビフィーナSの粒はハイパープロテクトカプセルと呼ばれる3層構造になっており、胃酸でも溶けにくく、多くのビフィズス菌を生きたまま腸まで届けることができます。

人口胃液を使って、どれくらいのビフィズス菌が生き残るのかをテストした結果、生存率は約90%となりました。

つまり、45億個は生きたまま腸に届く計算です。

ビフィズス菌以外にはオリゴ糖、アシドフィルス菌末、ガセリ菌末なども含まれています。

安全性については機能性表示食品として消費者庁に戸溶け出済みですので安心して利用することができます

ビフィーナSの販売元である森下仁丹は創業120年以上の会社で乳酸菌関連部門のシェアが20年連続NO.1という実績を持つ会社です。そういった意味でも信頼のおけるサプリメントだといえます。


うんこを出す方法「食べ物編」

うんこを出すのに効果的といわれているのは、乳酸菌・食物繊維・水分・油分などです。

乳酸菌の代表はヨーグルトです。ヨーグルトの種類によって菌のバランスや種類が異なるので自分に合った商品を見つけましょう。乳酸菌はヨーグルト以外にも納豆など発酵食品に多く含まれています。

食物繊維は主に野菜に多く含まれ、セロリやゴボウなども食物繊維が多い食品の代表格です。

うんこが出なくなる原因の一つに大腸のうんこの水分が吸収されすぎて固くなってしまうというものがあります。野菜は水分と食物繊維を多く含みますから、便秘の時に積極的に摂取していきたい食べ物です。

また、硬くなったうんこを柔らかくするという意味では、油分も実は同様に重要です。大腸では水分が吸収されてうんこがかたくなってしまいがちですので、ある程度、油分も意識して摂取するといいでしょう。オリーブオイルなど体に良い油を適度に摂取してみてはいかがでしょうか。

特に女性はダイエットをすると、肉などの油分を含むものを避けてしまいがちですが、便秘にならない為にも、ある程度は油分を取らなくてはいけません。

ダイエット中にスムージーなどを飲む人も多いですが、生野菜を冷蔵庫から取り出してスムージーにして飲むと、確かに食物繊維や水分を摂取することはできますが、体が冷えてしまうので注意が必要です。

うんこを出す方法「運動編(基礎知識)」

運動不足というのも、原因の一つになると考えられています。通常うんこの前には誰でも便意をもよおすものであり、その便意が起こらない状態を便秘といいます。

便意を催さない直接的な原因は腸の働きが鈍っているからであり、腸の運動は、人が体を動かすことと密接な関係があります。そのため運動不足が続くと、腸の働きが悪くなり便秘になりやすいとされているのだそうです。

もとからお通じが止まりがちであるという人や、うんこが固くなって出てこないということに悩まされているという人は、つい下剤や便秘薬などに頼りがちになってしまいますが、それに慣れ過ぎてしまうと習慣的に薬に頼らないと便通が起きなくなってしまうことがあります。

例えばあまり運動する習慣がないというお通じの無い人は、腸の動きが活発になりやすいような体操や運動などを日常に取り入れてみることで症状を改善されることもあるようです。腸の動きを活発にさせるためには、腹筋を使うような運動が効果的だと言われています。

よく知られている腹筋運動を便秘のために行うのもよいですし、腹筋運動がきつくてできないという場合には、ベッドなどにうつ伏せになってバタ足の動きを繰り返すという運動だけでも腸の働きが良くなる効果が期待できるようです

うんこを出す方法「マッサージ編」

お通じが止まりがちな人が症状を改善したいと思ったら、根本的に何が原因なのかを突き詰めることがまずは先決ですが、例えばひどい糞詰まりに悩まされているのであれば、お腹のマッサージなどを行うと直接的に大腸への刺激になりますので、便通が起こることもあるようです。

便秘のためのお腹のマッサージは、腸を刺激して動きを活発にさせるための目的で行います。短時間で便秘に効果がでる場合もありますし、どうしても便秘体質だという人は、起床時や就寝時にお腹のマッサージを習慣づけてしまうのもよいかもしれません。

まず便秘解消のためのマッサージを行う時には、温かくした方が血行促進になり腸の運動も活発になります。そのためマッサージを行う時には、しっかり手を温めてから行うようにしましょう。例えば温熱ジェルのようなものを腹部に塗布して行うのもよいかもしれません。

もっとも基本的なマッサージは、自分の腹部に両手を置いて、右方向に円を描きながらさすります。この時つい腸に刺激を与えようとして力がはいってしまう人もいますがあくまでもやさしく撫でるようにマッサージするのがポイントです。大体30回くらいが目安になります。

次に背中方法に手をまわして腰部から背中へ縦方向に両手を使ってさすります。腰部の血行を良くしてその内側にある腸の動きをよくすることで便秘解消効果があると言われています。

美レンジャーのマッサージも紹介しておきます。寝た状態でお腹を簡単にマッサージする方法ですので、こちらも映像で見てマッサージの手順を覚えられるのでとても便利です。

うんこを出す方法「体操編」

うんこが出ないときに試してみてほしい体操についてご紹介します。ストレッチやマッサージとも合わせて実践してみてください。

こちらの整骨院の動画も紹介します。具体的なマッサージ体操方法は動画を参照して頂きたいですが、基本的な部分は文字にして解説します。

1.立った状態で両手でわき腹を掴み骨盤を時計回り、反時計回りそれぞれ10回ずつ回す

2.立った状態でわき腹を絞るように強めに使み、前屈と後屈をそれぞれ10回ずつ繰り返す

3.立った状態で両腕をクロスしてわき腹を掴み、骨盤を時計回り、反時計回りで10回ずつ回す

4.中座の状態でお腹を突っ張り、こぶしを交互に前に突き出す運動を10回~20回程度繰り返す

どれも簡単な体操で全部やっても5分かからないと思います。

うんこを出す方法「ツボ編」

うんこが出ないとき、推すだけで簡単に便秘が解消できるツボがあるといいなあと誰しもが考えたことがあると思います。便秘解消に対してそこまで即効性があるかはわかりませんが、ある程度貢献してくれるであろうツボは存在します。youtubeに良い動画がありましたので、いくつかご紹介します。

うんこを出すためのツボに関してはこちらの整骨院の動画をご紹介します。神門というツボを押す動画です。神門は手首の外側にあるツボです。

動画によると片方だけでいいそうです。手首の外側にある神門を片方の親指で下から上(腕から手)の方向に押してあげるといいそうです。

神門に関するツボの動画もわかりやすくうお勧めです。うんこが出ないとお悩みの方は見てみると良いでしょう。具体的なツボの位置、神門の位置は動画を見て頂くのが一番手っ取り早いかと思います。

うんこを出す方法「ストレッチ編」

こちらの動画で便秘解消のストレッチが3種類紹介されていました。簡単に概要だけ文字でご紹介しますが、詳しくは動画を見て頂いた方がわかりやすいです。

・1種類目のストレッチ

あまり筋肉を伸ばすようなストレッチのイメージとは違うようです。仰向けに寝て膝を軽く建てた状態で息を吸うときにおなかをへこませ、吐くときにおなかを膨らませます。息を吐くときに腰が浮いてしまいがちなので、履くときに腰を床に押し付けるイメージ。

・2種類目のストレッチ

基本姿勢は1種類目のストレッチと同じで、呼吸とお腹のふくらみを1種類目のストレッチとは逆にします。

・3種類目のストレッチ

基本姿勢は仰向けで寝た状態で、膝を90度に曲げます。足の裏は床から離れます。この状態から膝を胸に近づけ、頭も少し上げて膝に近づけるイメージです。ストレッチというよりは筋トレに近い部分もあるかもしれません。ちょっとだけ腹筋が縮まる程度でOKです。

うんこを出す方法「ポーズ編」

こちらの動画ではねじりのポーズを紹介しています。どのようなポーズかというと、まず両足を伸ばした状態で座ります。次に、右足を上げ、伸ばした状態の左足の膝の外側に持っていきます。

左腕で右足のヒザを抑えるようにして体をねじります。この状態で余裕がある人は両手を合掌してもOKとのことです。

ここから息を吐きながら体を後ろに捩じっていきます。脇腹等にストレッチ感を感じることが大切です。

終わったら手足を入れ替えて逆方向に捩じるポーズも行いましょう。このポーズの詳細は動画を参照してください。

うんこを出す方法「姿勢編」

ここではトイレの時にうんこを出しやすくするための姿勢についてご紹介します。

便座に深く腰掛け、状態をさらさずに上半身を45度傾けた姿勢を取ります。この姿勢を毎日10分程度続けましょうとのことです。

こちらはスクワティポティという商品の動画なのですが、用を足すときに出やすい姿勢を取る為の補助器具です。ここに両足を載せることで膝が腰よりも高くなり、うんこが出やすい角度の姿勢を簡単にとることができるそうです。

うんこが出ない時のQ&A

うんこが硬くて出ないとき、どうすれば柔らかくなる?

うんこが硬くなってしまうのは、大腸の中で水分が吸収されてしまうからです。便秘の時に水を飲みましょうとよく言われるのはこの為です。オリーブオイルなどの油分も摂取しましょうと言われるのも便を柔らかくするためと言われています。

うんこを出すには水を飲むといいって本当?

これは1つ前の質問でお応えしている通り便が硬くなりすぎるのを防ぐ意味でも、ある程度の水分摂取は重要です。ただ飲みすぎると体が冷えてしまいますので、気を付けましょう。

お腹が痛いのに(腹痛なのに)うんこが出ないのはなぜ?

お腹が痛いということは便が溜まっているということ、排出したいというサインだと思われますが、便が硬くなるなどの原因によって出にくくなっている可能性があります。

ストレスでうんこが出ないことってあるの?

ストレスによって自律神経が乱れ、交感神経と副交感神経のバランスが崩れることで便秘が悪化してしまうこともあるそうです。便秘自体がストレスになりますから、仕方のない部分もありますが、上手に気分転換をしてストレスの少ない生活を心がけましょう。

うんこが出ない時、牛乳やヨーグルトを摂るといいって本当?

牛乳は水分ですので便を柔らかくするという意味でも重要です。ただし、牛乳に含まれる乳糖を苦手としている方、もっというと乳糖不耐症の方は、牛乳を飲むことでお腹を壊してしまうことがあります。お腹を壊して便を出すのは良いこととは言えませんから控えましょう。

ヨーグルトは当サイトで何度も説明しているように、乳酸菌を補給するのにぴったりで腸内環境を整えてくれるのでとても重要です。